×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資をはじめよう



FXで買いと売りを組み合わせるとは?

FXで買いと売りを組み合わせるとは?

FXでは、売りを積極的に活用する必要があります。

為替取引というのは、二国間のバランスによりレートが形成されていますので、一方の買いは常に一方の売りであり、シーソーのように上がったり下がったりを繰り返しているからです。

なので、買いのみの戦略では、利益を上げる機会は半減してしまうといっても過言ではありません。

経済成長する国の通貨は上昇するのですか?

通貨は、株式のような成長資産とは異なる側面を持ちます。

なので、理論的には、国の経済が成長することによって、その国の通貨が買われて上昇するということも言えるのですが、現実のマーケットでは必ずしもそうともいえないケースがあります。

例えば、1995年の4月に、円は対ドルで過去最高値をつけ、1ドル=79円75銭まで円高・ドル安が進みました。

当時の日本経済といえば、バブル経済が崩壊し、株価は下落の一途をたどっている状況でした。

当然のことながら、経済は芳しくなく、経済成長率も大きく落ち込んでいました。

こういった状況でも、円高・ドル安が進むことがあるのです。

なお、このときの状況としては、日米貿易摩擦が実体以上の円高を招いたと考えることができますが、例えば、日本経済が弱い状況でも、もう一方の通貨国の経済がさらに弱体化している場合には、相対比較のなかで円が買われてしまうということになるのです。


外国為替市場の取引高は?
マーケットごとの取引高は?
FXのインカムゲインとは?
株価はミクロで動くとは?
為替の値動きは?

流動性が低いとどうなるのですか?
インカムゲインとは?
FXのスワップポイントと配当金との違い
為替はマクロで動くとは?
FXで買いと売りを組み合わせるとは?

強制ロスカットと追加証拠金
FXの24時間リアルタイム取引

レバレッジと保証金
影響を受けやすい通貨
無利息の借入金 敷地の面積 住宅資金の贈与 財形住宅融資
固定資産税 ろうきん フラット35 フラット35
住宅ローン 中古マンション 買換え特例  

Copyright (C) 2011 FX投資をはじめよう All Rights Reserved