×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資をはじめよう



国際金融と国内金融との違いは?

国際金融と国内金融との違いは?

国際金融が国内金融と異なるのは、次のような点です。

外国為替取引をともなうこと
⇒ ある国の企業と別の国の企業が国境を超えて取引する場合には、それぞれの企業は、自国の通貨と他国の通貨を交換する必要があります。

このような通貨の交換が外国為替取引です。

中央銀行がないこと
⇒ 国内金融のように監視し、必要に応じてコントロールする中央銀行がないことです。
⇒ たとえお金が足りなくなっても、世界全体をコントロールするような中央銀行がないので、それぞれの国や地域で対応する方法しかないわけです。

海外の経済情報の影響を受けること
⇒ お金というのは、有利な投資先や、原材料費などの安い国や地域を求めて動きまわりますので、海外情報には非常に敏感に反応します。

公定歩合とは?

公定歩合というのは、中央銀行が、民間金融機関に資金を貸し出す際に適用される基準金利のことをいいます。

公定歩合は、政策金利のひとつであり、公定歩合の変更は、中央銀行の金融政策のなかで最もオーソドックスな方法です。


為替相場に影響を与える経済指標は?
サブプライムローン問題とは?
FOMCとは?
発表される数値と事前予想値
国際金融と国内金融との違いは?

米国の雇用統計の注目度は?
政策金利の決定とは?
政策金利と日米金利差
国内金融と国際金融
国際金融のお金の流れとは?

スワップポイントの魅力
FXのチャート分析

レバレッジと投資効率
デイオーダーとGTCの使い分け

土地家屋調査士
土間コン(べたコン)
抜き行為

都市計画法
年金融資
農地転用許可基準
土地取引の許可制
内容証明郵便
一時金
都市再生本部
2項道路

Copyright (C) 2011 FX投資をはじめよう All Rights Reserved