×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資をはじめよう



為替市場と株式市場の違いは?

為替市場と株式市場の違いは?

為替市場と株式市場では、次のような点が異なります。

相対取引と取引所取引
外国為替市場はOTCという相対取引で、24時間取引できるマーケットです。

一方、株式市場の場合は取引所取引であり、最近は夜間取引なども増えていますが、原則としては取引所があいている時間帯のみの取引になります。

ちなみに、日本ですと、東証の場合は、午前9時から午後3時までということになります。

取引高の把握
為替は株式よりも取引量が把握しにくい、というよりも、為替は全体の出来高を把握するのは不可能といえます。

株式の場合は、もちろん全体の取引高を把握するのは容易です。

流動性
外国為替市場は、世界で最も大きなマーケットなので、非常に高い流動性が確保されています。

このように、為替市場と株式市場では上記のような違いがあるので、必然的にテクニカル分析を行うにしても使い方が異なってきます。


マイナー通貨とは?

メキシコ・ヌエボ・ペソとポーランドズロチ
流動性リスクとは?
ロスカットのリスク信用リスク
テクニカル分析とファンダメンタルズ分析ではどちらがいい?

トルコリラ・ハンガリーフォリント・ノルウェークローネ
価格変動リスクと金利変動リスク
電子取引のリスクとレバレッジのリスク
テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の違いは?
為替市場と株式市場の違いは?

FXのスワップポイントの収益
通貨ペアの豊富なFX会社

政策金利
取引単位・スワップポイント

消費税の免税の特例
吸い込み
ゼネラル・パートナーシップ

信義誠実の原則
制震構造
素地
信用保証会社
設計図書
IPO
信用補完
センターコア

Copyright (C) 2011 FX投資をはじめよう All Rights Reserved