×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資をはじめよう



株式の手数料は?

株式の手数料は?

金融商品を選択する場合には、次のような選択基準があります。

■コスト
■信用リスクの問題
■リターンとリスクの度合い
■売却や中途解約のしやすさ

株式売買のコストは、1998年に株式の委託手数料が、小口取引部分も含めて完全に自由化され、以前よりは競争により随分と安くなっています。

例えば、以前は、取引金額で100万円以下の部分に適用されていた委託手数料率は、1%程度でしたので、1単位の取引金額が100万円の株式を売買する場合には、片道で1万円の手数料が取られていました。

しかしながら、現在は完全に委託手数料が自由化されましたので、ネット証券会社で1単元100万円の取引金額の株式を売買するとした場合には、片道1,000円程度の手数料で済むようになっています。

売り買いの往復でも2,000円ですから、この差は非常に大きいです。

デイトレードが成り立つのも、こうした手数料が安くなったおかげなのです。


割安な通貨とは?
ドルペッグ制とは?
FXの24時間取引のメリット
外国為替取引の手数料は?
FXと株式投資の信用取引との違いは?

人民元と香港ドル
FXの取引時間は?
株式の手数料は?
FX手数料は?
適切なレバレッジは?

円高と円安
FXと投資信託

FXと株を比較
外貨預金とFX
住宅が焼失 住宅ローン控除額 借換え 財形貯蓄
固定資産税 火災保険 フラット35 公庫の廃止
住宅ローン 戻り保証料 転勤  

Copyright (C) 2011 FX投資をはじめよう All Rights Reserved