×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資をはじめよう



割安な通貨とは?

株式投資の場合の割安とは?

株式投資において、割安株投資やバリュー投資という場合には、一般的に次のようなモノサシを参考に、現在の株価が割安なのかどうかを判断します。

PBR(株価純資産倍率)
⇒ PBRというのは、その企業が持っている純資産に対して、現在の株価が割安かどうかを判断するための指標です。なお、PBRが1倍以下であれば割安といえます。

PER(株価収益率)
⇒ PERというのは、税引き後利益に対して、現在の株価が割安かどうかを見るものです。なお、PERが10倍程度であれば割安と判断できます。

割安な通貨というのはあるのですか?

為替の場合には、割安かどうかを判断する基準というものはありません。

ファンダメンタルズに対して割安であると考えられそうですが、このファンダメンタルズ自体がはっきりしないものなので、なかなか困難であると思われます。

といいますのも、通貨の価値というのは相対的なものですので、例えば、米ドル/円で円高が進んでいても、日本経済が強いことを理由に、円が買われているわけではないケースもあるからです。

サブプライムローンショックの際には、米国経済に対するリスクの高まりから米ドルが売られましたが、結果的にファンダメンタルズの面からすると、実力以上の円高になったことなどは、記憶に新しいところです。

ただし、人民元に対して香港ドルは割安であるというような例外はあります。


割安な通貨とは?
ドルペッグ制とは?
FXの24時間取引のメリット
外国為替取引の手数料は?
FXと株式投資の信用取引との違いは?

人民元と香港ドル
FXの取引時間は?
株式の手数料は?
FX手数料は?
適切なレバレッジは?

資産維持期のFX
FX(外国為替証拠金取引)

為替レートを動かす要因
FXと外貨預金
入居 住宅ローン控除 増築・改築 財形貯蓄
登録免許税 火災保険 フラット35 住宅金融公庫
住宅ローン 住宅ローン 不動産取得税  

Copyright (C) 2011 FX投資をはじめよう All Rights Reserved