×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資をはじめよう



テクニカル分析で重要なのは?

テクニカル分析で重要なのは?

テクニカル分析で重要なのは、どれだけ多くの市場参加者が見ているのかということになります。

相場というものは、大勢の市場参加者がいて初めて形成されるものだからです。

つまり、多くの人がここがチャートのポイントだと考えていることを、自分自身が知っていることが重要なのです。

よって、テクニカル分析を行う場合には、多くの人が見ているようなツール、あるいは誰が見てもここがサポートラインであろうというポイントを常に意識したうえで、チャートやサポートラインを見ていくことが必要になります。

例えば、多くの市場参加者が、1ドル=105円をチャートポイントであると見ていたとすると、105円の手前では買う人もでてきますが、105円を割り込んだ途端に、売り圧力が一気に高まると考えられます。

ローソク足とは?

ローソク足というのは、価格の動きをグラフ化した時系列系チャートのひとつです。

1本の足に始値、高値、安値、終値の4つの値が示され、始値より終値が高いか(白地)、安いか(黒地)を表示します。

一本の足で相場の強弱を、2本以上の足の組み合わせによって相場のトレンドを見ます。


FXでのテクニカル指標の使い方は?
トレンド系とオシレーター系とは?
テクニカル分析の種類は?
テクニカル分析で重要なのは?
移動平均線の有効な使用方法は?

外国為替取引でのチャート分析は?
RSIの効果・デメリットは?
サポートラインとレジスタンスライン
テクニカル分析の得手、不得手
休日のスワップポイントは?

外貨建て金融商品の投資対象リスク
FX会社の経営状況や健全性

FXのコスト・税金
FX口座開設のポイント

担保掛目
直接取引
手付金等寄託契約

地価対策
定期借地権
デットとエクイティ
地目
賃貸型・3号商品
違約金
非嫡出子
抵当証券

Copyright (C) 2011 FX投資をはじめよう All Rights Reserved