×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資をはじめよう



外国為替取引でのチャート分析は?

外国為替取引でのチャート分析は?

外国為替取引は流動性が高いので、かなり緻密なトレードを行うことができます。

このとき重要なのがチャートポイントなのですが、例えば、1ドル=101円が、チャートポイントとして非常に重要であるとします。

このとき、1ドル=103円でドル買いのポジションを保有していたとすると、1ドル=101円まで円高が進めば、為替差損が発生していることになります。

当然、市場関係者の多くは、1ドル=101円がチャートポイントであると気が付いているはずなので、そこに達すると、さらにドル売り圧力が高まり、1ドル=100円、99円というように、円高ドル安が加速する可能性が高まります。

しかしながら、外国為替市場は流動性が高いですから、チャートポイントに達した時点で損切りを行うと同時に、ドル売りのポジションを新たに作って、円高ドル安の流れに乗って為替差益を狙うことも十分に可能です。

株式取引の場合は板がないと取引できませんので、ある意味、緻密なチャート分析には不向きであるといえるのですが、外国為替取引の場合は、緻密なチャート分析を行う意味があるといえます。


FXでのテクニカル指標の使い方は?
トレンド系とオシレーター系とは?
テクニカル分析の種類は?
テクニカル分析で重要なのは?
移動平均線の有効な使用方法は?

外国為替取引でのチャート分析は?
RSIの効果・デメリットは?
サポートラインとレジスタンスライン
テクニカル分析の得手、不得手
休日のスワップポイントは?

日割り
FX会社のスワップポイント

中央銀行が行うオペレーション
取引環境とカバー先金融機関

宅地建物取引主任者
中高層共同住宅標準管理規約
抵当権

団体信用生命保険
通行地役権の取得
滌除(てきじょ)
地区計画
中間法人の種類
アウトサイダー
築年数の調査
仕口

Copyright (C) 2011 FX投資をはじめよう All Rights Reserved