×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資をはじめよう



トレードスタイルを変えてはいけないとは?

トレードスタイルを変えてはいけないとは?

トレードスタイルを変えてはいけないというのは、短期のポジションだったものを、途中から勝手に中長期のポジションに変えてはいけないということです。

つまり、トレードスタイルをいったん決めたら、それをしっかり守るということです。

例えば、短期トレードのつもりで買った通貨があった場合に、その通貨が下落して含み損が膨らんでくると、今度は「しばらく待てば戻ってくる」と自分の都合の良いように解釈して、中長期のポジションに切り替えてしまうというようなケースです。

本来あるべき姿としては、短期トレードでポジションを持ち、それに含み損が発生したのであれば、損失がさらに膨らむ前にロスカットすることです。

そもそも、短期トレード目的で選んだ通貨であれば、値動き自体も荒いでしょうし、さらに損失が膨らんだら、中長期投資どころか、強制的にポジションを清算させられてしまう可能性も高くなります。

よって、短期トレードを前提にして保有した通貨は、中長期保有にするというのはしてはいけないということになります。


為替レートの形成は?
大きな資金で為替レートを動かせる?
FX取引会社の選択
店頭取引とは?
トレードスタイルを変えてはいけないとは?

外国為替市場はフェア?
フェアな外国為替市場で利益を上げるには?
FX取引会社のコスト・情報提供
トレーディングスタイルとは?
手仕舞うとは?

為替手数料
通貨ペアと外貨同士のペア

順張り
自己資本規制比率
住宅ローン控除 共有住宅 税金 財形住宅融資
借り換えローン 団体信用生命保険 フラット35 フラット35S
住宅ローン 不動産契約 資産担保証券  

Copyright (C) 2011 FX投資をはじめよう All Rights Reserved